イチゴをとる人達

沖縄が好きで、年に1度家族で沖縄旅行をします。 季節はいつも夏で、毎年マリンスポーツをします。 子供がまだ小さかった頃は、ホテルのプライベートビーチでゆるくバナナボートに乗せてもらい、小学生になったら水上バイクでスピードを出してもらったり、シュノーケリングやスキューバダイビングをしました。 ある年、今年は沖縄でなにをしようかと話し合っている時、主人の「沖縄には青の洞窟という綺麗な洞窟があって、青い水の中を泳げるんだよ」という言葉に 子供たちが興味を持ちました。 青の洞窟のことは知ってはいたのですが、写真で見ると崖のような場所にあり、ここでダイビングをするのは子供がもう少し大きくなってからだと思っていましたが、子供が10才と12才になり、そろそろいいだろうと、いよいよ青の洞窟でダイビングをすることになりました。

青の洞窟でダイビングをするには、マリンショップに予約をしてダイビングの道具を貸してもらい、青の洞窟まで連れて行ってもらいます。 ボートで洞窟のそばまで行ってもらって、そこから海に入るんだろうと想像していたのですが、車から降ろされた場所から青の洞窟は見えない… なんとそこから洞窟まで、岩の上を延々と、ダイビングの道具を持って歩いて行くのでした。 ガタガタの岩の道を何分くらい歩いたのでしょうか、もいいい加減いやになってきた頃、やっと青の洞窟に到着しました。 濃い青い水が洞窟の壁に反射して、洞窟全体が青く光り、正に「青の洞窟」 とても綺麗でした。 海に潜ると潜ると、今までに他の海では見たことのない青さでした。 一生懸命歩いたご褒美をもらったような気持ちになりました。