多くの魅力がある

手に持ったイチゴ

ツアー旅行で、埼玉のイチゴ狩りを楽しむ人が増えています。埼玉以外にも、様々な地域でイチゴ狩りは楽しむことができます。インターネットを利用すると、情報を集めることが可能です。

一人でも

イチゴ畑

国内旅行のツアーと言えば、集団で行動するのが一般的でした。一人遅れると時間を合わせるために早く移動しなければなりません。最近では、集団ではなく一人で旅行する人が増えたので、自由行動ができるようになっています。

年齢を気にせずに

たくさんのイチゴ

ダイビングと聞くと、体力がないとできないと思ってしまう高齢者の方も多いでしょう。しかし、沖縄で行われているダイビングでは高齢者でも楽しめるダイビングメニューが充実しています。

沖縄旅行なら格安情報が満載のこちらのサイト|楽たび

イチゴを持っている女性

老若男女楽しめる

イチゴ

吉野川でラフティングを楽しもう◆リバーアドベンチャークラブ

沖縄でシュノーケリングをしたいならこちらでさまざまなプランを紹介しています。一生の思い出を作りませんか?

休日に家族連れで楽しむレジャーにイチゴ狩りがあります。イチゴ狩りでは利用者が直接農家に赴き、ハウス栽培や露地栽培で育てているフレッシュなイチゴをその場で食べられるので、子供から大人まで幅広い人気があります。 このイチゴ狩りも、始まったばかりの頃は文字通りイチゴを摘み放題にしていたところもあったのですが、利用者の増加によって最近ではどこも時間を15分から30分に制限したり、珍しい品種をイチゴ狩りの目玉に据えて集客を図っているところもあるようです。 基本的にイチゴ狩りで摘んだイチゴはその場で食べるのが原則ですが、おみやげに持ち帰りを希望する利用者の希望も多く、その場合はおみやげ用に摘んだイチゴをパック詰めにして販売したりといったサービスもしてくれます。

イチゴ狩りを受け入れている農家も、収入の鍵となる集客のためにいろいろ人知れず工夫をこらしています。その最たるものが衛生面での配慮です。こういったイチゴ狩りに参加する参加者は普段農作業に縁のない人がほとんどなので、土がついた農作物や害虫などに抵抗感がある人が多いのです。 そこで土耕栽培や石垣栽培のような地面に近いところでの栽培を控え、高設栽培のように空中に宙吊りにするような形で、極力イチゴ狩りをする観光客が衛生面で不安を抱かないように気を使って栽培している農家の取り組みもみられるようになりました。 今後はさらに観光地化を進めていき、イチゴ狩りに使うイチゴをより食味の良い品種にしたり、トイレや休憩所の設備の充実させるなどの配慮をしていくイチゴ農家も増えていくものと思われます。